白髪を見つけてギョッとした

年を取ると鏡を見分けるのがゆっくり不満になります。

しわ、皮膚のくすみ、髪には白髪が増えて来る。

おメークをしない背景にもいかないので、我慢して鏡に向かいますが何しろ不愉快ものは不満ですね。

おメークで皮膚のくすみを隠し、美容院で白髪染めをしてもらう。そんな一生。

年代を取らずにすむ手段があるといった良いのだけど、それは望めないですしね。

それにこの前、髪を乾かしているときに気付いたのが白髪のたぐい。

さすがにそれを見たときはギョッとしました。

いくらでも増えているようで、また白髪を染めにいかないといけません。

面隠し用の白髪染めペンを使えば良いのかもしれませんが、それだけでは足りないぐらいたくさん見つかったんです。

美容院も厳しいからできるだけ頻度を減らしたいと思っているのだけど、そんな背景にもいかないようです。

艶やかな昔のヘアが思い出深いだ。年代には損するのが悔しいですね。

いつかはワカメを食べると良いと望ましく言っていたけど、どうなのかしらね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です